抜け毛の原因を知ることで改善につながります

男性の抜け毛の原因

ここでは男性の抜け毛の原因について、お話していきたいと思います。男性の抜け毛は平均しますと30代から本格化すると言われていますが、10代或いは20代から始まってしまっている人もいます。男性の薄毛は遺伝によることが多いとされていますが、食生活や生活習慣の乱れ或いはストレスが原因で、若い内から脱げ毛が気になっている男性は、決して珍しくないのです。

 

では次に考えられる原因について、お話していきたいと思います。

 

1つ目はAGA(男性型脱毛症)によるものです。AGAは男性の抜け毛の原因の中でも最も多いと言われており、男性ホルモンが原因で症状が出るもので、30代以降の発症が多いとされてきましたが、近年では10代・20代で発症している人もいるそうです。遺伝的な要素も強く、特に母方の親族に薄毛の人がいる男性は要注意です。

 

2つ目に考えられる原因はストレスです。10代・20代の頃には受験・就職・結婚等の、人生の中でも近況が大きく変化するような出来事が多いですから、それらの出来事に起因するストレスが原因となって、抜け毛になる場合もあるのです。

 

この時期は自分に関わってくる人間が、親・教師・同級生・ライバル等と増えてくれば来るだけ、気を使うことも多くなります。中学や高校に入りますと、それまでなかった部活動での先輩や後輩の関係や恋愛問題も出てきますし、それらのことによって精神的にストレスを感じ、そのストレスが自律神経のバランスを乱して血流の悪化を招き、毛根に栄養が届きにくくなることで、抜け毛の一因となる場合もあるのです。

 

3つ目に考えられる原因は、生活習慣の乱れです。特に20代以降は交友関係も広がりますし、人によっては酒や煙草を嗜むようになります。

 

また仕事での残業や退勤後のお酒の付き合い等によって夜更しになって睡眠不足になったり、深夜の暴飲暴食や外食ばかりの食事、コンビニ弁当やレトルト或いはインスタント食品ばかりを食べる、或いは高カロリーの脂っこいものや甘いものを食べ過ぎてしまう等の、食生活の乱れが重なりますと、自律神経やホルモンバランスが乱れて、やはり抜け毛の原因となります。食生活の乱れは髪の成長に欠かせない栄養の不足も招くため、その点からも栄養バランスのとれた食生活が、いかに大切であるかがわかります。