薄毛とストレス〜男性用育毛剤比較〜効果あり・評価の高い育毛剤でハゲから復活!

薄毛とストレス

ここでは薄毛とストレスとの関連性について、お話していきたいと思います。

 

まずストレスを受けると何故薄毛になりやすくなってしまうのかという、そのメカニズムについてお話していきます。

 

人間の身体はストレスを受けますと自律神経の1つである交感神経が働き、その活発な活動によって心臓の動きも活発になって血圧が上昇し、それによって沢山の血液を送り出すことが出来るようになるため、すぐに沢山の栄養が補給されるようになりますので、少々のストレスならば対応することが出来るのです。

 

しかしもっと過剰なストレスを慢性的に受けるようになってしまいますと、常に血管が収縮されてしまうようになるため、血行不良に陥りやすくなり、頭皮にも栄養が送られにくくなりますので、髪の毛にも栄養が行く届かなくなって、薄毛にもなりやすくなってしまうということなのです。

 

過剰なストレスに対処するためには沢山の栄養が必要になりますが、生命維持に関わるような脳や主要な臓器に必要なエネルギーを削るわけにはいきませんので、まず最初に頭皮や髪の毛に使われているエネルギーが削られることになります。

 

人間は髪の毛が生えてこなくても死ぬことはありませんから、脳は頭皮や髪の毛のための栄養配分を大幅に減らすよう指令を出します。

 

そして髪の毛の成長を支える毛乳頭や毛母細胞が、本来の役割を全うすることが出来なくなり、髪の毛は抜ける一方で新しく生えてくることがなくなってしまうことになって、それが薄毛に結び付いてしまうのです。

 

東洋医学の観点から見ますと「髪は血余り」と言って、髪の毛は血液がしっかり循環して栄養を運んでこそ、ツヤのある美しい黒髪にいう考え方をしますので、血行不良によって薄毛になるのは当然という結論になります。

また過剰なストレスは間接的にも薄毛の原因となります。

 

ストレスは睡眠不足や睡眠障害、食欲不振・暴飲暴食・うつ病等を招く場合もあります。

 

これらの症状も全て薄毛の原因となり得ることであり、女性であれば女性ホルモンのバランスが崩れやすくなる原因となりますし、それもまた薄毛の原因となるわけです。

 

男性の場合でも過剰なストレスによる身体の変調が、薄毛の原因になることに変わりはありませんので、ストレスを溜めないための対策や、ストレスを上手く発散する方法を持っておくことが、何よりも大切なことになります。