育毛剤が効いてない?その原因と確認してほしい事

育毛剤が効いてない?その原因と確認してほしい事

ここでは育毛剤を付け続けているのに効果が感じられないと思った時に、考えてほしい原因や確認してほしい事についてお話していきたいと思います。

同じ育毛剤を使用していても効果のある人といない人がいるかと思いますが、それは育毛剤とは、元々効果に個人差の出やすいものだからです。

 

薄毛があまり進行していない状態であれば効果を発揮しても、もっと進行して深刻な状態になってしまった場合は、殆ど効果を発揮しないとも言われています。

 

男性の薄毛と言いますとAGAが注目されやすいのですが、薄毛になる原因は他にもありますので、何が原因でなった薄毛に効果のある育毛剤かを確認しませんと、違う原因の薄毛に効く育毛剤を使用してしまい、いくら付けていても、育毛効果が得られないということにもなりかねません。

 

また多くの人が育毛剤を発毛剤と勘違いしている場合が多く、付けていても中々毛が生えてこないために、効果がないものと思い込んでいる場合もあります。

 

育毛剤とは読んで字の如く、今生えている髪の成長力を回復或いはアップさせるためのアイテムであり、一度抜けてしまったところに、また毛を生やすためには発毛剤を使用するか、頭髪専門のクリニックで発毛治療は植毛をしてもらうしかありません。

 

また育毛剤の多くは病気の予防が原因の医薬部外品の扱いであり、一方発毛剤は病気の治療が目的の医薬品扱いとなっていますので、その違いをしっかり認識しておく必要があります。

 

ちなみに市販されている発毛剤には大正製薬のリアップや、第一三共ヘルスケアのカロヤンシリーズ等があり、いずれも副作用の起きる可能性もあるものですので、それを承知して使うことが必須条件です。

 

ですから副作用が起きたら嫌だし、そんなに早く毛が生えてこなくてもいいと思う人は、副作用の恐れのない育毛剤を使用した方がいいということです。

 

育毛剤で十分効果が期待出来るのは、頭髪が細くなりコシがなくなってきたと気付く、所謂薄毛の初期段階だというのが定説です。

 

抜け毛が増えてきたかなと思い始めたレベルでも大丈夫です。

 

それ以上抜け毛が増えることがないという段階で対策を施せば、周囲に目立つような薄毛になることを予防出来るということです。

 

ですから既に目立つような薄毛になっている場合の効果はあまり期待出来ず、AGAやFAGAになっている人にも効果はないと思っていいと思います。

 

また薄毛が初期段階の筈なのに効果が出ない場合は、育毛剤の使い方の間違い(脂性の人が乾燥肌向けのものを使ったり、逆に乾燥肌の人が脂性の人向けのものを使ってしまう等という場合)や理解不足、合わないシャンプーの使用や洗髪方法やヘアケアをしているといった理由の他、食生活を始めとする生活習慣が乱れている等の可能性があります。

 

そしてその他にも老化により頭皮が硬化している、使用間隔の間が空きすぎている、枕カバーを小まめに取り替えて洗わないので不潔になり、頭皮に雑菌が繁殖して頭皮の炎症の原因になっているとも考えられます。