育毛剤の使い方

育毛剤の使い方

最近では多くの方が育毛や薄毛対策のために育毛剤を活用しています。そのような方にとって、使用に先立ち注意しておく点がいくつかあります。

 

一つはタイミングです。

 

実は育毛剤には、効果的な時間やつけるタイミングがあります。多くの育毛剤は、夜がよいといわれています。

 

特に効果が上がるのは、入浴後の血行がよくなった時やシャンプー後の頭皮の汚れが洗い落とされ、頭皮が柔らかくなっている時が浸透しやすいです。

 

また毛穴が開いているので、育毛剤が馴染みやすく頭皮への急流色が高いです。

 

そして効果的な時間は、頭皮のターンオーバーや育毛のゴールデンタイムと言われる、夜の10時から2時までが効果が高まります。

 

この時間に育毛剤をつける必要はありませんが、寝る前に育毛剤をつけて、よく休息をとれば育毛効果が高まります。

 

そしてもう一つの良い時間帯が朝です。朝夕2度つけるタイプの育毛剤も多いので、朝育毛剤をつけるのは大切です。

 

ただシャンプー朝夕2度は頭皮や頭髪にとっては、洗いすぎです。また朝は時間がなく、丁寧に洗い流すことが怠りがちです。そのため、朝は育毛剤をつけるのみで十分でしょう。朝夕2度の育毛剤でのマッサージは育毛や薄毛対策にはとても有効です。

 

 

そして手順としては、まず入浴時にシャンプーをするなら、入浴前にブラッシングをして頭髪の埃や汚れを取り除いておき、髪を1本1本ばらしておきましょう。

 

シャンプー時に髪や頭皮の汚れが洗い流しやすくなります。

 

次にシャンプーは、まずシャンプーを始める前に、ぬるま湯で髪や頭皮を洗いましょう。

 

この事前の洗い流しで汚れのほとんどが落ちるとも言われるほど大切な過程です。

 

それから次にシャンプーは、指の腹で頭皮をゆっくりとマッサージするように洗います。

 

シャンプーが終わったらトリートメントも同様に行います。トリートメントは頭皮には塗り込まず、頭髪のみにつけましょう。そして最後に洗い流しは十分丁寧に洗い残しのないように気を付けてください。

 

いよいよ育毛剤です。

 

育毛剤は、タイプによって髪を乾かしてからつけるものと、反が湧き状態でつけるものがありますので、用法に従ってください。

 

乾かし方としては、タオルでよく水分をふき取ったあと、ドライアーを使うのが良いです。

 

濡れた髪はダメージを受けやすく、自然乾燥は菌の繁殖も招きます。

 

そして乾かしたら、いよいよ育毛剤でのマッサージです。

 

この時に大切なのは、シャンプーと同じように指の腹で優しく育毛剤をもみ込むようにマッサージしていきます。

 

生え際や髪の分け目など、脱毛が進んでいる場所は特に丁寧にマッサージしていきましょう。

 

男性の方は、効果を期待するあまり強く揉む方がいますが、それは厳禁です。ほどよい圧で十分ですので、頭皮全体を数分続けて下さい。

 

ただいまイチオシ男性用育毛剤!

無添加育毛剤イクオス

今まで人気のあったイクオスが、リニューアルして、さらにパワーアップしました!

  • 育毛ケア成分が「31種類」から「61種類」に増量
  • キャピキシルを超えた世界初の独自調合「アルガス2」を配合
  • 厚生労働省が「育毛」に効果があると認可した医薬部外品
  • 業界最大級「45日間」の返金保証
  • 無添加無香料無着色なので、男性だけでなく女性にも愛用者多数

イクオス公式サイトはこちら

 

チャップアップ BUBKA(ブブカ)

AGAに行かなくても必殺の一本チャップアップ

  • 使用感満足度97%
  • 返金保証書付き
  • 無添加無香料
  • Yahooショッピング2015年男性育毛剤人気ランキング1位
  • 定期便9,090円(送料無料)

BUBKA(ブブカ)

  • 高濃度M-034を60%増量!
  • 低分子ナノ化でM-034の浸透力がすごい!
  • 新型BUBKA(ブブカ)の効果を実感できた人はなんと98.1%
  • 頭皮にダメージを与えないノンアルコール製法(業界初)
  • 定期コース5,980円

FINJIA(フィンジア) ボストン

 

  • キャピキシル・ピディオキシジル配合
  • カプサイシン配合
  • 成長成分10種類を配合
  • 30日間返金保証
  • 定期コース9,980円(送料無料)

BOSTONスカルプエッセンス

  • 医学会が認定(日本肌再生医学認定品)
  • キャピキシル5%配合
  • ピディオキシジルで毛髪環境のリズムに刺激を与える
  • 180日間返金保証
  • 定期コース12,800円(送料無料)

 
 

髪の薄毛や抜け毛の症状には育毛シャンプー液を用いた方がベターなのは無論ですけど、育毛シャンプーの予防だけでは十分でない点は使用する前に認識しておくことが要必須です。日常的に己の髪の毛と地肌の部位がどの程度薄毛に近づいてきているかをちゃんと知ることがとても重要といえるでしょう。それをみた上で、速やかに薄毛に向けての対策をはじめるようにしましょう。びまん性脱毛症においては中年辺りの女性によく見られ、女性に生じる薄毛の第一の要因だといわれております。びまん性というものは、一部の部分だけに限らず頭全体の広い範囲に広がっていくことです。実際に抜け毛の多い頭の皮膚の場合は男性ホルモンが関係して、脂が大分多くて毛穴が詰まってしまったり炎症を発生させてしまうといった可能性があるもの。出来れば抗炎症作用及び抗菌作用が含まれている効果が期待できる育毛剤をお勧めします。いかなる育毛シャンプー剤も、頭の髪の毛の生え変わる循環時期を視野にいれて、多少利用し続けていくことで効き目がみられます。つきましては気を長くもち、まず1〜2ヶ月ほど継続をするといいでしょう。

 

「AGA」は皆さん普通、薄毛が進んでいても、未だウブ毛は残っております。実を言うと毛包部分があれば、今後も太くてハリのある髪の毛が育成することが必ずしも否定できません。長期的に見て決してあきらめることはありません。血液の流れが正常でない場合頭の皮膚中の温度は下がってしまい、必要とする栄養もしっかり行き渡らせることが出来ません。よって血行を促進する成分が含まれた育毛剤やシャンプーを使用することが薄毛対策には効果的であります。育毛を目指すならば頭部にあるツボを手で刺激することも有効な方法の一つと言えます。例えば百会・風池・天柱のこれら3つのツボをほどよく刺激しすることが、薄毛&抜毛の予防に有効的であるとして有名です。頭の皮(頭皮)の血液循環が行き渡らなくなると、結果抜け毛を誘ってしまう場合があります。その理由は髪に対して栄養素を運んでくるのは血液だからであります。つまり血が循環しなければ頭髪は健やかに発育しません。実際薄毛やAGA(別名:男性型脱毛症)には食生活の改善、煙草を控える、アルコール禁止もしくは適度な量に改善、充分な睡眠時間の確保、ストレスの蓄積を避けること、頭を洗う方法の改善が必要不可欠だと断言します。

 

育毛の種類についてもいろいろな予防策があります。育毛・発毛剤やサプリメント等が主な代表例です。ですが、そのうちでも育毛シャンプーについては1番重要とされる任務を担うヘアケアアイテムであります。各々により違いがあり早い人については20代はじめぐらいから毛が薄くなることがありますが、全ての人が若い年齢からなるというわけではなく、多くの人は遺伝子の影響に左右されたり、外的・内的ストレス且つ生活習慣などといった影響も非常に大きいと思われております。薄毛を意識するようになったら、出来るだけ早い時点に病院の薄毛に関する専門治療をスタートすることで改善もとても早く、またその後における状態の保持も行っていきやすくなる大きなメリットがあります。ここ数年はAGAをはじめとして、円形脱毛症並びに脂漏性脱毛症など、色々な症状の抜け毛罹患者が増えているおかげで、病院・クリニックも症状ごとに合う有効な治療方法で治療を遂行してくれます。実際、額の生え際の辺りから薄くなっていくケース、頭のてっぺんから抜け落ちていくケース、これらが混合されたケースなどといった、人により様々な抜け毛の流れが見ることができるのが「AGA」の特性でございます。